今後の課題

日本においてディーゼル車(乗用車)が普及しないのは、ディーゼル車の排気ガスによる黒煙等、有害物質に対する規制が諸外国に比べて殊更厳しいからです。自動車Nox・PM法は、ディーゼル自動車(ガソリン車も)からの窒素酸化物(Nox)及び粒子状物質(PM)を抑制・規制するために制定された法律です。自動車Nox・PM法において規制の対象となる車種は、トラック・バス(ディーゼル車、ガソリン車)及びディーゼル乗用車並びにこれらをベースにした特殊用途自動車、対象地域は首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の各都県の一部)、大阪・兵庫圏(両府県の半数以上の市町)、愛知・三重圏(愛知県、三重県の両県の半数以上の市町)となっています。自動車Nox・PM法では、排ガス基準値を定めておりこれに適合しない車は対象地域内に使用の本拠を置くことができません。これは車種規制と呼ばれますが、つまり車検を通すことができないということです。
自動車Nox・PM法にはひとつの課題があります。それは車庫飛ばしの問題です。車庫飛ばしとは、主に対象地域内で車を使用するのに法律の適用を免れようと対象地域外で登録することです。車庫飛ばしは、例えばトラックを多数保有する事業所等でなされる場合があります。
宇宙01